日本海ならではの海の幸 若がに(水ガニ)入荷しました!

食べやすい庶民の味、若がに(水がに)が入荷しました!

  • 日本海側の住民に絶大な人気を誇るのでが若がに(水がに)です。

    なんども脱皮を繰り返し成長するズワイガニの脱皮直後の状態で、水分を多く含み、食べるときに足の身が「ズボッ」と抜けることから”ズボガニ”とも呼ばれています。 名前の通り、みずみずしくてジューシー、ズワイガニよりも甘みを感じる人もおり、「カニの中で、若ガニ(水ガニ)が一番好き!」という人も意外と多く、庶民の味として好評です。

  • カニの中で若ガニ(水ガニ)が一番手間がかかるんです。

    越前がにや紅ズワイガニとは違い、殻が透き通るほどの色をしています。 殻がやわらかいので、扱っている間に脚が取れてしまうことも多々あり、取り扱いには最新の注意が必要です。やまに水産の若ガニ(水ガニ)は職人の技によりもっとも美味しい状態でお届けします。

  • 実は地元でしか味わえない日本海の味覚です。

    殻が柔らかい上に、取り扱いが難しく、遠方への配送にもかなり気を使うことから、水ガニの消費は大半が地元です。そんな日本海の人のみぞ知る水ガニを一度味わえば、その甘さと美味しさに虜になること間違いなしです。

  • ご注文はお早めに!

    若ガニ(水ガニ)の猟期は、期間がとても短いです。地元でしか味わえない日本海の味覚を是非とも体験してみてください。ご注文はお早めに!!

    若がに(水ガニ)のご注文はこちらから!